太陽光発電でよく言われる、単結晶と多結晶とは一体なんのことでしょうか?

単結晶・多結晶、単純に言いますと、結晶の違いです!!

具体的に言いますと、太陽光発電用語で出てくる用語としては、セルの種類を指しています。

簡単にですが以下に特徴を上げました!!

単結晶→ 単一の結晶で出来ている。

多結晶と比較して発電量が多い。

生産コストが、多結晶より掛る。

多結晶→ 多数の結晶から出来ている。

多結晶と比較して発電量が少ない。

単結晶より生産コストが低い。

余剰電力の買い取り単価も上がり、単結晶の商品の人気が出てきていますが、必ずどちらが良いとは、言いきれません。

狭い面積に乗せるなら、単結晶をお勧めしますが、現在では、海外よりの製品で単結晶パネルなのに価格が国産の多結晶並なんて商品もあります。

国産の単結晶なら東芝の太陽光発電システムは高品質でおすすめです。

是非、多数のメーカーでの発電シミュレーションを取り寄せて検討して下さい。